消費者金融が一番

消費者金融でも審査は厳しくなるもの

消費者金融は、返済可能だと判断した人物に対してなら、誰にでも貸付を行うものです。

 

法律の範囲内でならどの年齢層にも貸付を行いますが、本音で一番貸付を行いたいと消費者金融が考えている年齢層は20代と30代です。

 

結婚している人があまり多く無く、遊興費などに使えるお金が一番多い層だからというのがその理由です。

 

もっとも近年は晩婚化が進んでいるので40代前半もその対象になってきています。

 

40代後半にもなると、収入はあがる一方で住宅ローンや教育費などに収入を配分していかなければならなくなるので、

 

消費者金融にとってはあまり良いお客様では無くなるというわけです。

 

 

もちろん20〜30代であっても属性が低ければ、たとえ消費者金融でも審査は厳しくなるものです。

 

20〜30代の独身の公務員の属性は非常に高くなる一方で、

 

アルバイトや自営業は最低ランクに位置してしまいます。

 

利用目的を生活費にしてしまっても返済能力を疑われます。

 

ですから申し込む際は、利用目的はあくまでも交際費などにしておくのが無難です。


このページの先頭へ戻る